• ホーム
  • エリアスを通販して花粉症予防をしてみよう

エリアスを通販して花粉症予防をしてみよう

2020年05月27日

第2世代抗ヒスタミン薬は種類が豊富にあり、効き目の強さも副作用の出方も異なりますが、第1世代抗ヒスタミン薬よりも副作用が少ないため、処方薬として使用される薬です。新しい薬も出始めており、より自分の症状に合わせたものが利用できるようになりました。

日本で承認されたばかりの薬として、エリアスがあります。エリアスの主成分は、デスロラタジンで、日本名はデザレックスと呼びEUやカナダではエリアスと呼ばれています。この薬もまた第2世代抗ヒスタミン薬で、効き目の程度はクラリチンと同じです。

クラリチンをさらに改良したタイプの薬で、クラリチンの主成分であるロラタジンから主要活性代謝物のみを抽出しており、より抗アレルギー作用が高まっているのが特徴となっています。花粉症はもちろんのこと、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎も症状を改善することができます。

そしてデスロラタジンは、特に副作用が少なく、添付文書には眠気や頭痛、動悸や口の中の乾燥といったことが書かれていますが、ほとんど感じることはなく、車の運転に関しても注意事項はありません。副作用は少ないのですが、妊娠中や授乳中の女性、以前薬を使用してアレルギー反応が出たことがある人、ほかに服用している薬がある人は医師と相談をしてから服用するとさらに安心です。

花粉症の人はすでに体内で抗体がつくられており、抗体は何の花粉に反応したかを記憶しているため、花粉が飛散する前に対応する必要があります。花粉は西日本であれば1月の終わりからは飛散を開始しますので、飛散する1週間前には花粉症予防として予防効果のある抗ヒスタミン薬の服用を開始した方が良いのでしょう。エリアスは1日に1錠を1回服用すればよく、しかも好きな時間に服用でき、さらに副作用がほぼない薬でもあります。花粉症予防効果も高いので、服用を検討しても良いでしょう。

エリアスはドライシロップのものもあり、錠剤が苦手な場合に使用することができます。ですが日本においてはシロップ状のものは現在のところ販売はされておらず、購入したい場合は個人輸入を利用するしかありません。個人輸入においては、代行を専門に行っている通販サイトを利用するのが良く、確実に自宅まで届けてくれます。通販サイトを利用する場合は、実績や会社の位置、支払い方法や郵送方法などしっかりと確認をしてから購入するようにしてください。

エリアスは、クラリチンのように自分の好きな時間に服用することができる薬です。そのため飲み忘れがなく、症状を継続して軽減することができます。24時間持続するのも魅力で、クラリチンは14時間の持続時間でしたが、改良されたことによって24時間持つようになりました。1回1錠服用するだけで24時間持続させる薬は、抗ヒスタミン薬の中にもあるのですが、副作用が出てしまうものが多く、効き目をとるか副作用が出るのを我慢するか、といった選択肢しかありませんでした。しかし、エリアスはそういった部分が改善されており、眠気も抑え効果も引き出すことができるようになっています。